10円でチロルチョコ

チロルチョコはお小遣いでも買える安さで、小学生の時にチロルチョコを何個買おうか?!と悩んだことありませんか。大人になってもついコンビニで買い求めてしまうチロルチョコはいろんなフレーバーも展開されているので、期間限定に弱い女子はチロルチョコもついつい買い求めてしまいます。チロルチョコのほかにも「ごえんがあるよ」の五円玉の形をした「五円チョコ」も同じチロルチョコ株式会社で作っています。

3食チョコでも生きていける人必見!

チロルチョコ

チロルチョコは福岡県田川市にある松尾製菓株式会社で製造販売されていました。2004年に松雄製菓株式場会社から企画・販売部分をチロルチョコ株式会社として分離して、現在はチロルチョコ株式会社として本社は東京になっています。

チロルチョコの考案は松尾製菓の二代目社長が交換しました。チロルチョコのチロルという名前の由来は、チョコレートを作るために訪れたオーストリアのチロルからネーミングされています。確かに一番最初のチロルチョコはチロリアンハットを被っている男の子らしい横顔がパッケージにプリントされています。1962年に誕生した元祖チロルチョコは復刻版として発売されていますが、おなじみの正方形ではありません。長方形になっていてつながっている長方形がひとつずつ3つのブロックになっています。3ブロックの真ん中にチロリアンハットを被った横顔で、左右にはローマ字でチロルと入っています。この長方形のチョコレートを3分割して正方形の形にして1979年に販売されたのが、現在の形の正方形に濃い茶色でカラフル色別でTIROLと書かれているチロルチョコです。

1962年に発売された元祖チロルですが、当時高級だったチョコレートを子どもでも買える値段で販売するところから考案されて作る前から価格を10円と決めていたそうです。全部をチョコレートにしてしまう原材料が15円を超えてしまうのでチョコレートの中にヌガーを入れることでコストを下げることができて、10円で販売出来るようになりました。チョコレートの間に入っているヌガーとチョコレートのコラボが絶妙なので、低価格のために入れたというのはちょっとしたマメ知識になりますね。

3つが繋がったチョコバーを10円で販売していた元祖チロルチョコですが、1973年に起きたオイルショックで原材料が上がっていくにつれて価格も20円30円とチロルチョコも値上げをしていった結果、売上げが激減してしまいました。そこで10円で販売するために3つ繋がっていたチョコバーを小粒サイズに分けることで、1個10円の販売になり「10円あったらチロルチョコ」のキャッチフレーズで再度チロルチョコブームになりました。

今のチロルチョコはコンビニで包装紙にバーコードを表示するために、チョコの大きさをおおきくした20円のチロルチョコが販売されていますが、バーコード管理が必要じゃない駄菓子屋さんなどでは、従来型の小型10円のものが販売されています。また袋に入ったバラエティパックに入っているチロルチョコもバラエティパックの袋にはバーコードが付いていますが、中のチロルチョコは小粒タイプのチロルチョコが入っています。

チロルチョコのバリエーション(2014年1月現在)

  • ストロベリージャム・・・イチゴゼリーが入っているチロルチョコ。チョコ部分もストロベリー味。
  • いきなり団子・・・パッケージが「くまモン」熊本名物の「いきなり団子」をチロルチョコで再現しています。
  • ストロベリーチーズパイ・・・プレミアムなチロルチョコで、スィーツ感覚を楽しめます。
  • ちょこっと気餅・・・紅白で熨斗袋をイメージした箱で9個入り。「いちごもち」と「みるくもち」入り。
  • きなこもちプレミアム・・・冬限定で人気のきなこもちチロルチョコに黒蜜ソースが入ったプレミアムチロルチョコ。
  • きなこもち・・・きなこチョコとグミのもちもちできなこもちを食べているような感覚になります。
  • 芋けんぴ・・・芋風味のチョコレートにカラメルチップとクッキークランチ入りで芋けんぴの食感を再現しています。
  • 抹茶パフェ・・・宇治抹茶100%使用している抹茶チョコと小豆ペースと入りで全体はホワイトチョコになっています。
  • いよかん・・・愛媛県特産のいよかんを使っています。
  • バイヤリース・・・オレンジ風味のチョコレートにオレンジソースが入っています。
  • ポンジュース・・・ポンジュースの風味チョコレートにオレンジゼリーが入っています。
  • いちごがいっぱい(袋入り)・・・「いちごゼリー」「いちごショートケーキ」「ふんわりいちごジャム」の3種類が楽しめる袋に入っているチロルチョコです。
  • カフェチロル・・・カフェをイメージしたカップに、レモンティー味のチロルとコーヒーゼリーが入っているチロルの2種類が入っています。
  • ストロベリー・・・ミルクチョコの中にイチゴのツブが入ったイチゴクリームが中に入っています。
  • チロルチョコミルク・・・パッケージは牛の柄になっていて、生クリーム入りのチロルチョコです。
  • ホワイトクッキー・・・ホワイトチョコにクッキークランチが入っています。
  • TIROL・・・昭和54年発売から変わらない味。中にはコーヒーヌガーが入っています。

鼻血が出る程チョコ食べたいあなたへ

他人の不幸を願うよりも自分の幸運を願いましょう。絶縁 方法人は余裕がなくなると自分の欲望に忠実になってしまいがち。ですがそれ自体は悪いことではありません。むしろ、願いが強いほど縁を切りたいという意欲もわいてくるものです。

製造年別バリエーション

  • 1979年:昭和54年・・・コーヒーヌガー
  • 1982年:昭和57年・・・ワイン、アップル
  • 1983年:昭和58年・・・ミルクヌガー、ブルーベリー
  • 1984年:昭和59年・・・ビス、ヘーゼル、アーモンド
  • 1985年:昭和60年・・・ワインゼリー、アーモンド(パッケージ変更は以降パと表記)
  • 1986年:昭和61年・・・ピーナッツ、ストロベリー
  • 1988年:昭和63年・・・ガナッシュ、ストロベリー(パ)、アーモンド(パ)、ビス(パ)、コーヒーヌガー(パ)
  • 1989年:平成元年・・・ガナッシュ、アーモンド(パ)
  • 1990年:平成2年・・・ミルク、キャラメル、ビス(パ)
  • 1991年:平成3年・・・ナッツクランチ、アーモンド(パ)
  • 1992年:平成4年・・・ストロベリー(パ)、アーモンド(パ)ちょこっと気持ち(バレンタイン限定でパッケージに漢字1文字。中身はコーヒーヌガー)
  • 1993年:平成5年・・・ストロベリー(パ)
  • 1994年:平成6年・・・パイン、フレーク、ライスパフ、アーモンド(パ)
  • 1995年:平成7年・・・ストロベリー、ライス
  • 1996年:平成8年・・・ホワイトビス、アーモンド(パ)、ビス(パ)、ウエハース(アソートのみ)、ヘーゼルナッツ(10個パックのみ)、マカダミア(10個パックのみ)
  • 1997年:平成9年・・・ヨーグルト
  • 1998年:平成10年・・・バナナ、冬チョコ(冬季限定)、フレッシュストロベリー
  • 1999年:平成11年・・・エッグタルト、カフェオレ、ビス(パ)
  • 2000年:平成12年・・・まっ茶、イチゴムース、冬チョコなめらかアーモンド(冬季限定)、ホワイトビス、ピーナッツ、いちごビス(アソートのみ)
  • 2001年:平成13年・・・いちごチョコ、マロン&クッキー、ホワイトビス(パ)、冬チョコ(パ・冬季限定)、ふわふわココア、キャラメルクリーム
  • 2002年:平成14年・・・苺チョコ、レモンケーキ、みつりんご、いちごみるく、いちごクッキー(アソートのみ)、クリスマスツリー(クリスマス限定)
  • 2003年:平成15年・・・いちごタルト、抹茶あずき、ショコラタルト、バニラプリン、きなこもち、バニラ(アソートのみ)、クレメダンジュ(アソートのみ)
  • 2004年:平成16年・・・いちご大福、コーン、ピーチ、ミントチョコ、スィートポテト
  • 2005年:平成17年・・・いちごプリン(乙女ちゃんキャラクターのデザイン)、コーヒーフロート(ステッチ風の動物)、シナモンオレ、いちごゼリー(パ)、宇治まっ茶
  • 2006年:平成18年・・・ミックスベリー、マンゴー、ロイヤルミルクティ(アソート限定)、マスクメロン、パパイヤ、いちご大福、新茶、いちごカキ氷(袋タイプにはレモン・抹茶もあり)、杏仁豆腐、ゆず、ライチ、エスプレッソ(アソート限定)、カプチーノ(アソート限定)、黒ごまタルト、スウィートハロウィーン(カップタイプ)、みるく大福、ちょこっと気持ち(パ)、ふんわりいちご、塩バニラ
  • 2008年:平成20年・・・紫芋タルト、ポンジュース、ホワイトクッキー、パンプキン(ハロウィン限定)、漫画チョコ?(サンデー&マガジン50周年記念チョコ)、がちゃぴん(メロン味)、ムック(イチゴ味)
  • 2009年:平成21年・・・ももち、ナノユニバースコラボ、みたらしだんご、三色団子(みたらし・うぐいす・さくらもちのセット)、LOVEコラボチョコ